脂肪肝は食事に注意すれば完治!暴飲暴食は御法度

男の人

食品や栄養で症状改善

コーヒーカップ

冷え症の症状改善のための工夫としては、体をあたためてくれる食品や栄養の摂取が鍵を握ります。そして、そんな商品を手軽に摂取できるのが冷え症改善サプリメントで、それを使うことで、より手軽に冷え症改善や対策が出来るようになります。

詳しく見る

自分の心がけで改善できる

悩むレディ

鉄欠乏性貧血を改善するためには、造血剤やヘム鉄が含まれたサプリメントを摂取するのがおすすめです。また、鉄分を補うためには栄養バランスを整えることが重要であり、ビタミンCを同時に摂取すると、より効果を発揮することができます。

詳しく見る

健康と美容にお勧め

サプリメント

年齢と共に下がりがちな基礎代謝をアップさせるアミノ酸が豊富に含まれているすっぽんもろみは、日常的に運動している人の場合には体重減少に大きな効果を発揮する特徴があります。すっぽんもろみに含まれている有効成分には、アミノ酸・コラーゲン・ビタミンB6・カルシウム・亜鉛・ビタミンEがあります。

詳しく見る

肝臓に関わる疾患

お腹を気にする人

中性脂肪が原因

現在、日本人の約四分の一の人が脂肪肝という症状に悩まされていると言われています。脂肪肝とは、肝臓に脂肪が溜まって癒着し、フォアグラ状態になっていることを指します。食べ物から取り入れられた脂質は、小腸で吸収されて、肝臓で分解され、エネルギーとして代謝されたり、不要物として体外へ排出されたりします。しかし、脂質を取りすぎてしまうと肝臓の分解機能が追い付かず、中性脂肪として肝臓に溜まってしまうのです。そのため、普段から脂っこい食事を頻繁に摂っている人や、アルコール類をたくさん飲む人は、中性脂肪がたまりやすく脂肪肝になりやすいと言われています。脂肪肝は、肝硬変などの肝臓疾患の原因になってしまう上手です。脂質と上手に付き合い、脂肪肝を予防することが大切です。暴飲暴食は御法度です。

症状と改善対策

脂肪肝は、実はあまり自覚症状がない疾患です。疲れやすかったり、頭がボーッとしたり、肩凝りがひどくなったりなど、風邪などの症状と見分けがつかないため、発見が遅れることが多々あります。早目に対策を行うためには、病院で定期的に肝臓の検査を行う必要があります。また脂肪肝の改善方法としては、脂質の摂りすぎに注意し、エネルギーの代謝を促すため適度な運動を行うことが必要です。さらに、緑茶を多く飲むようにすることも有効です。緑茶に含まれるカテキンが肝臓機能に作用しますので、積極的に飲むようにしましょう。脂質はエネルギーを作り出す大切な栄養ですが、健康な体を維持するためには摂りすぎに気を付け、上手に付き合っていくことが大切です。

おすすめ関連サイト

  • あなたは大丈夫?脂肪肝ナビ

    肝臓の脂肪を増やさないようにしましょう。脂肪肝の治療法や検査法について知りたいならコチラ。進行する前の対策が大切です!